So-net無料ブログ作成
検索選択
映画・ライブ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

映画 ポッピンQ の感想 [映画・ライブ]

この映画、やり直してみたくはないかい・・・?




るみなー先生「冬休み公開の映画ポッピンQの話だ。 爆死映画として扱われてはいるが、冷静な視点から見ると、作中のセリフではないが(評価を)やりなおしてあげたい作品ではある。」
せりあさん「話の内容としては中学校の卒業を前に、それぞれの挫折があり前に進めない5人の少女が、異世界で出会い。交流し、お互いの苦難を受け入れ前に進んでいくという王道ストーリーなわけで、プリキュアやアイカツの映画ではよく使われている題材だっただけに、なぜここまで爆死したのか。」


※主人公たちの乗り越えなければならない、それぞれの壁を越えていかなければならない。
彼女たちは、時に迷いながらも、仲間たちの絆によって成長していく。


※最後は、時の谷を守るために、心を通わせた『奇跡のダンス』を奉納しなければならない。

るみなー先生「そういう展開だとまるでアイカツだなあ」

DSC06423.jpg
せりあさん「作品的には満足度は高かったんですが(周りの人も面白かったとは言ってたし)、ダンスが上手くても映画は売れるとは限らないようで・・・」
るみなー先生「最後はダンスだけでも動いてくれればいいとか言われているアニメもあるというのに、セカイは残酷だなあ」

ちなみに、それぞれが元の世界に帰っても、彼女らの絆が続いていくというちょっとした演出もいい。



ティーンエイジ・ブルース(アニメオリジナルキャラVer)

ティーンエイジ・ブルース(アニメオリジナルキャラVer)

  • アーティスト: P.IDL チームI■,Daisuke“DAIS”Miyachi,NATABA
  • 出版社/メーカー: フォーミュラレコーディングス
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: CD



タグ:ポッピンQ
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 甲鉄城のカバネリ のレポ [映画・ライブ]

DSC08305.jpg
甲鉄城のカバネリの映画を見てきました。




せりあさん「年始にかけて映画 甲鉄城のカバネリ です。総集編映画なわけですが。」
るみなー先生「カバネリは最初の方はすごかったのだがアニサマこと美馬様が登場してから話が崩壊した感がある、考えがわからん変な奴が上につくと話がつまらなくなるのはパターンだな。」



映画の内容は前後編方式になっており

前編は、1話から6話までの構成
この辺は序章としては申し分ない出来なのだが、3話の内容がちょっとカットされていたのが残念であったか。

るみなー先生「前編はいうことなしだったが、後編がどうなるか不安ではあるな・・・」

とはいっても、ストーリーの問題点となる美馬のウザいところとか、生駒の鬱シーンとかの尺が大幅にカットされたことによりテンポよく見ることができる。
敵(美馬)の目的が、復讐であるところ、生駒と対決するところでは「もうどうでもいいや」的な
ある意味未来が閉ざされた者としての心理描写も理解できる感じにまとまっていた。

せりあさん「TVの方と違って、もう一人の主人公的な扱いはない分、迷惑な復讐者になっている感が強くはあります。」
るみなー先生「しかし、そのおかげで総集編映画でもちゃんと見れた。遅れてきた主人公とか言われたらどうしようとも思うし。」

るみなー先生「後編の美馬は、なんだかんだで、一本目的があるキャラクタとして作ってあったおかげで見れた好例ではあったな。」
せりあさん「まぁ、それに達してないアニメもあるんですが。」
るみなー先生「それをいうな」


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

BATTLE GIRL Fes.のはなし [映画・ライブ]

DSC08329.jpg
バトルガールFesのはなし




IMG_0948.JPG

るみなー先生「今回は、BATTLE GIRL Fes.大神樹祭のはなしだ。 中の人の参加状態から実質アイマスといってもいいだろう。」
せりあさん「まぁ、中の人的には実質アイマスだったりするんですが、大概のフェスはそうだし・・・」
るみなー先生「結構、微課金でもそれなりのカードが手に入るしでなんとなく続けていたのだが、実際にイベントやれる段階まで育つと感慨深いものがあるな。」

DSC00150.JPG
※展示はヒロインたちのパネルとカードイラストのデザイン

IMG_0951.JPGIMG_0949.JPGIMG_0950.JPG
※花

フェスは昼の会と夜の会の2部構成。(司会:佐倉綾音・田村睦心)

まだライブ曲は少ないため、ユニット限定での披露になる。

Believe(洲崎綾)
Chuuuuu?Lip(加藤英美里・内田真礼・内山夕実)
Tiara(洲崎綾・東山奈央・五十嵐裕美・木戸衣吹)
f*f(本渡楓・下地紫野)

るみなー先生「ライブの時だけ衣装に代わる訳だが、最初のBelieveだけは星守スタイルの赤衣装だった。 司会のあやねる・少年も言っていたが、あやぺの赤イメージは初印象だったと。まあ美波さんイメージが強いからな。」
せりあさん「今回は不参加者もいたので、ユニットの都合上歌ってくれない人が出てしまったのは残念なところでもありましたね。」
るみなー先生「艦これ観艦式の時もそうだったが、とりあえず全員分に衣装は用意した方がいいんじゃないかと思った。これはアンフィシアターのレイアウト問題でもあるのだが、作品の雰囲気の再現がスクリーンと衣装しかないからな。その点では昔見たミリオンアーサーとかコスプレ全力だったのはある意味イベントとしては良かったかもしれない。」

トークショーは学園祭をテーマとした朗読劇で、生徒たちがいろいろな出し物をするときに風紀が乱れるからと、生徒会面々で出し物を監視しているストーリー

それと特訓。バトルガールといえば特訓なので、特訓を行うイベント
あやねるがなんとなくすごくやる気になっている。

ランニング・ダンス・素振り・縄跳び の4構成
「1位になった人にはごほうびがありますよー」
という話が出て、やる気になった面々。

あやぺ(洲崎)「あーなんだかんだで1位だったわ」
「ご褒美は、先生方に告白できる権利ですー」
あやぺ「えー」

なんとなく中の人同士で愛の告白をしあう百合トークイベントになりました。
会場の先生方、大いに盛り上がる。

せりあさん「まぁ、数千人の先生方が生徒を取り囲む構図というのはなんとなくではありますが」
るみなー先生「それを言ったら、ナナシスとか”支配人”だぞ?」

今回は、トークが多めのイベントになりましたが
新規サイトも作られたり、アニメ化の発表もされたりと
今後の展開が楽しみです





コンプティーク 2017年2月号

コンプティーク 2017年2月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: 雑誌


「バトルガール ハイスクール」 キミはワタシの・・・■(ハートマーク)/Growing×Heart

「バトルガール ハイスクール」 キミはワタシの・・・■(ハートマーク)/Growing×Heart

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: CD


夏音-フシギナイロ-/Cat-Cat Romance

夏音-フシギナイロ-/Cat-Cat Romance

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バンドリミニライブの話 [映画・ライブ]

DSC07023.jpg
BanG Dream! ミニライブ in サンシャインの話




るみなー先生「今回はバンドリ!(BanG Dream! )決起集会に行ってきた。」
せりあさん「ミルキィライブの時に見た時は、ちょっと前座ぽかったけれど、ドラムにはっしーが入り一気にバンドとして形が決まった感がありますね。」
るみなー先生「なんだかんだでメンバー全員揃うのを見るのは初めてなので、期待したい。アイドル事変は外れたからな・・・」



最初にPoppin’Partyの5人のメンバー紹介。
ポピパメンバーは、サンシャインでこんなにたくさんの人の前でライブ出来るのは夢のようだと話す。
司会が、その話を色々な形で聞いていくが、沙綾の人は避ける。

せりあさん「まぁ、サンシャイン常連だからなあ・・・、でもへごドラムを見せられるのは楽しみといってますね。」



※2000人も入るんだ、あそこに

るみなー先生「お客さん、多いよ!」

今回はプロデューサーのほかに、音楽Pとして上松氏も登場
ポピパ結成に対して、音楽指導から何やらまで社長に押し付けられたことを暴露。
結構声優さんにぎりぎりの超えられるハードルをいくつも準備して力をつけさせたことを説明。
愛美んが「辛かったけど、楽しい。」と語ってくれました。

りみは姉がバンドをやっている設定で、バンドに加入する経緯があり、ここでりみの姉役の発表。

三森すずこ!

会場が一気に盛り上がりみもりショックを起こす、元ライバーが盛り上がる。
今回はフェザーズがメインで、先輩方にミルキィホームズメンバーが集まっているパターンか

せりあさん「プロジェクト責任者で社長が率先して出てくるわ、なんかこれ賭け感がすごすぎますね」
るみなー先生「アイドル事変の方は、上がコナカだったし、ライブ以外は力入れてないんじゃないかな? バンドリが勝つわ。」
せりあさん「まぁ、雰囲気見る分にはバンドリの方が力入れてるとは感じますね。」

今回バンドリでは3曲を披露
1.走り始めたばかりのキミに
2.ティアドロップス
3.Yes! BanG Dream!

ここで、上松氏が自分もバンド(ドラム)をやっていたことや、バンドの腕前について解説。
全員に歌わせながらの収録させるのは大変だが、それをやれるようになったのはすごいんですよ的な話

社長は、アニメは脚本は出来上がっており、感動できる話になっていると別の意味でハードル上げまくる。

最後にゲームの方の新メンバーの紹介で、あやねるや伊藤美来の登場。

るみなー先生「前のお渡し会の時の『次のイベントでも応援しています!』とか言っちゃったけど、すぐになってしまったなぁ。(アイマスは外れたけど)」
せりあさん「なんだかんだで密度の濃いイベントでした」


DSC07027.jpgDSC07031.jpgDSC07025.jpgDSC07030.jpgDSC07034.jpg
池袋駅ではバンドリが飾ってありました。



コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

  • 作者: 柏原麻実
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/17
  • メディア: コミック


バンドリ! 「走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス」

バンドリ! 「走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス」

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ブシロードミュージック
  • 発売日: 2016/12/07
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

劇場版 艦これ の話 [映画・ライブ]

DSC07754.jpg
劇場版の艦これは、そんなに悪くなくて安心した。




せりあ参謀「今回は劇場版艦これを見てきました。」
るみなー提督「アニメはちょっと(かなり)どんな話か見えなかったんだよな・・・、とりあえずミッドウェイは切り抜けたが。」

せりあ参謀「今回の劇場版では、艦娘や深海棲艦の関連性や吹雪がなぜ特別かというアニメで語れなかった物語の本質が題材になっています」
るみなー提督「吹雪が特別なのは【】が夢で見たからだろ?」


※PV

新たなる戦場はソロモン
そこで先行した艦娘たちは、敵輸送艦を撃破したなか
なぜか轟沈したはずの如月を救出する。
その知らせを喜ぶ、吹雪・睦月・夕立だが、加賀や長門はある危惧を抱いていた。

---艦娘と深海棲艦の関係。

それは、轟沈した艦娘は深海棲艦となる。つまりは艦娘同士で戦っていた世界だったのだ

るみなー提督「・・・そんな重要な情報があるなら、アニメの段階で説明しとけよと。まあ12話では収まらなかったかもしれないが、そうだな・・・如月轟沈を4ー6話前後にして、12ー15話くらいまでは日常回で劇場版の話を24話まで続けてればここまで批判はされなかっただろうな。」
せりあ参謀「その話の展開では、舞-Himeなんですけど」

るみなー提督「今回の話は、アニメのクソな部分がきれいに収まるように作られており、その点は好感が持てる。 吹雪が特別な理由は別にあり、大和がその辺の立ち回りするところとかはとてもよかった。」
せりあ参謀「今回の映画の重要人物は如月ですね。ちょっと悲しい結果になりますが、とてもいいキャラを演じていると思います。」


DSC07749.jpgDSC07752.jpg
※豊洲では艦これCafeが開かれています。

ちなみにフィルムは夜間戦闘のシーン(と思われる)でした。つまり外れ


「艦これ」運営鎮守府公式カレンダー2017

「艦これ」運営鎮守府公式カレンダー2017

  • 出版社/メーカー: エンスカイ
  • メディア: オフィス用品


艦これスタイル 参 (カドカワムック)

艦これスタイル 参 (カドカワムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/14
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Super Anisong Ichiban!!!! presented by HoriPro in ディファ有明 [映画・ライブ]

DSC05959.jpg
ホリプロアニソンイチバン のはなし




るみなー先生「今回はSuper Anisong Ichiban!!!! の話だ。2年ぶりのホリプロ声優だけのイベントとなる。個人的に応援したい中の人が多いのだが、会場がスタンディングでディファとか、参加声優の割には規模が小さいんじゃないかと思う」
せりあさん「この辺はホリプロの方針らしいので、このままということにはなりそうです。まぁもう少しゆっくり見れる環境でもいいなと思うことはありますが。」

場所はB席、まぁ混み過ぎず、離れ過ぎず、厄介少なめのそこそこの場所か・・・
本編が始まる前にDJがあったりと、多角的なところはホリプロだと思う。
このあたりでも十分に楽しめ待ち時間が退屈しない。

DSC05966.jpgDSC05967.jpgDSC05968.jpg

最初は、MachicoでこのすばOPから
曲目は、ソロの持ち歌にアニメのタイアップ曲をという組み合わせで行っていく感じ。

今回はユニットとかはやらないのでeverying曲はなし
代わりにひゃんの名をしらしめた精霊使いの曲を披露。昔の曲だけどみんな知ってるよなあ・・・
エリイちゃんはコラボ曲としてラムのラブソングを披露。好きよの所で絶好調になる。
おいおい、みんなロリおっさんだなあ・・・と

Super Anisong Ichiban!!!! presented by HoriPro in ディファ有明

01.fantastic dreamer(Machico)
02.前前前世(大木貢佑)
03.FRONTIER DRIVE(大木貢佑)
04.Baby Baby Love(木戸衣吹)
05.祝祭のエレメンタリア(木戸衣吹)
06.始まりの速度(京香)
07.純真Always(田所あずさ)
08.シュガーソングとビターステップ(田所あずさ)
09.ラムのラブソング(山崎エリイ)
10.全部キミのせいだ(山崎エリイ)
11.Brave Shine(Machico)
12.Love is MY RAIL(大橋彩香)
13.ABSOLUTE YELL(大橋彩香)
14.Red Fracttion(大木貢佑×京香)
15.紅蓮の弓矢(大木貢佑×山崎エリイ)
16.創傷イノセンス(Machico×木戸衣吹)
17.一度だけの恋なら(田所あずさ×大橋彩香)
18.ケサランパサラン(every(ハート)ing!)
19.勇気のつばさ(Machico)
20.1HOPE SNIPER(田所あずさ)
21.STARS(ALL CAST)

2年ぶりにオールキャストが集結! 「Super Anisong Ichiban!!!! presented by HoriPro in ディファ有明」ライブレポート -animete


さて、曲も大詰めとなり、最後にはっしーが出てくるのだが(ころあずはなんで差がついてしまったのか・・・)
ここでUOを投げたアホが出現。

見ていたうちは、すっぽ抜けたか?とか言う感じだったが周りがざわめく。
なんてことしやがる。せっかくの気分を壊すな。

はっしーへゴチンとか言っている場合じゃなかった

それでも、中断しないで曲を続けるはっしーは成長したなと感じた。
こう頑張っていると、応援したくなるというものか

DSC05962.jpg

最後の方はコラボ曲メインになり、進撃の巨人の時は巨人くんが出たりと独特の演出で行われている

ホリプロでは、はっしー&ころあずの組み合わせでデュエットしたりして、まぁなんて中の人がアイマスの赤と青とか思ったり。 これでアイマスで来たんじゃないか?とか一瞬考えてしまうあたりあの糞アニメの罪は重い。

ホリプロ声優はクソアニメがおおいんですけどね


カラフルストーリー<everying! 盤>

カラフルストーリー<everying! 盤>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2015/05/13
  • メディア: CD





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TADOKOROCK [映画・ライブ]


今更だけど、田所あずささんのアコースティックライブの話




DSC05966.jpg

るみなー先生「この間、田所あずさのCDイベントに当選したのでその話だ。」
せりあさん「この間でたのとそれより前のアルバムのじゃないですか」
るみなー先生「まぁ、そうなんだが。 曲の雰囲気もと大きく変わってたのでちょっとしたレビューをと」

1曲目:イッツマイキュー、
2曲目:君との約束を数えよう、
3曲目:夜はきっと朝になる
4曲目:世界が終わったあとの夜
5曲目:純真always
6曲目:ツボミノコエ

アコースティックライブという事で、楽器はスピーカーとかにつなげないので基本的に演奏はそのまま直に聞く形となる。こういうイベントに行ったことがないので、結構知る機会ができて良かったなと思う。

バンドメンバーの人ところあずさんはコミュ取ってるみたいだけれど、まだバンド・ロックに精通してないみたい。

なんというか、デレステ内で突然ソロでロック衣装になった蒼い人の様だ(失礼)
まぁ、僕は好きだよ

るみなー先生「さすがにライブハウスに200人詰め込むのはちょっときついなという気はする」
せりあさん「部屋のサイズがアニメイトやゲマ屋のイベントホールよりも狭いかもでしたからね、近くで見れるというのは魅力です。」

ライブでは、ロックなのでペンライトを使わないで純粋に楽しむパターンに。
ペンライトは禁止になったけど、ころあずは変わらなそう




TVアニメ『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』ED主題歌「1HOPE SNIPER」

TVアニメ『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』ED主題歌「1HOPE SNIPER」

  • アーティスト: 松井洋平,山本陽介
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: CD



It’s my CUE.(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

It’s my CUE.(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

  • アーティスト: 結城アイラ,堀江晶太,加藤大祐
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/07/06
  • メディア: CD



タグ:田所あずさ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

機動戦士ガンダムORIGIN ~赤の旋律~ [映画・ライブ]

DSC06216.jpg
ガンダムORIGINの先行上映に行ってきました。




せりあさん「機動戦士ガンダムORIGIN第4章 運命の前夜 が来週には始まります。」
るみなー先生「まぁ、せっかくだからちょっと出かけないか。」
せりあさん「どこです」
るみなー先生「とてもいいところさ」

DSC06223.jpg
※東京オペラシティ

るみなー先生「最近はガンダムのイベントで美術展が開かれたり、オペラホールで優雅に朗読劇をやったりとなかなか積極的にイベント展開をしているのだ。」

池田秀一(シャア・アズナブル役)
早見沙織(ララァ・スン役)
渡辺明乃(キシリア・ザビ役)
喜山茂雄(ランバ・ラル役)
潘めぐみ(セイラ・マス役)


朗読劇は、今までのシャア・セイラ編を振り返る内容

シャアとセイラの過去話をなぞる形でトークが行われる。 そのため朗読劇でははやみんの出番は少なめ
(上映会後のトークは長かったけど)
ラルさんのザビ家に使える苦悩や、
渡辺さんのBBA大物感のあるキシリアの権力に妄執した感のあるトークが圧巻でした。

本編上映(内容割愛)

はやみん「私の言ったとおりだったでしょう? ジオンは勝ったわ」
シャア「フフ、ララァは賢いな」

という恒例のガンダム名台詞まみれで上映内容の後話を監督と一緒にトーク
はやみん「私ももっとララァを続けたいな」
安彦「来年からルウム編が始まって、ララァの出番は本編からになるので・・・」

など、色々今後の作品の話が


最後のゲスト 森口博子 さんから
今回のオリジンの主題歌「宇宙の彼方で」を披露
自分にとってはガンダムが最初の最も印象的な作品でした。とガンダムへの思いを
リアルタイムで見てた人ーと聞く。大半がリアルタイムで見てた口だったり・・・

せりあさん「考えてみたら、はやみんも潘めぐみさんも生まれてない・・・」
るみなー先生「・・・、これが、若さか(違)」

森口博子「で、最後にガンダムでの曲F91を歌います」
(あの、水の星・・・)

DSC06219.jpg
※今回のガンプラ


宇宙の彼方で(そらのかなたで)(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」主題歌)

宇宙の彼方で(そらのかなたで)(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」主題歌)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: CD





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みもりん武道館 [映画・ライブ]

IMG_20161028_213316_HDR.jpg
みもりん武道館ライブの感想




せりあさん「今回は友人と三森すずこの武道館ライブに行ってきました。」
るみなー先生「みもりんか、なかなかいい選択だな。」
せりあさん「友人がガチファンで、スクフェスの海未UR集めるのにちょっと口に言えないような課金をしたりと大変だったりと色々ありますが、ミルキイからの期待の人だったのでこれからも頑張ってほしい人です。」

次なるはソロで紅白!「みんなも大きな夢を見ましょう!」 声優・三森すずこさんソロライブツアー武道館公演レポ -animateNEWS

三森すずこ「夢は必ず叶う」、初の日本武道館ソロでツアーを締めくくる - 「Mimori Suzuko Live Tour 2016 "Grand Revue"」日本武道館2DAYS公演 -マイナビ

Mimori Suzuko Live Tour 2016 “Grand Revue” 日本武道館公演2日目
01 TINY TRAIN TOUR
02 会いたいよ…会いたいよ!
03 FUTURE IS MINE
04 Traveling Kit
05 ドキドキトキドキトキメキス?
06 ユニバーページ Remix
07 純情 Da DanDan Remix
08 ワンダーランドラヴ
09 大切なキミ
10 ハッピーハッピークリスマス
11 Shall we dance?
12 WONDER FLIGHT
13 恋のキモチは5%
14 My First Lesson
15 Heart Collection
16 Light for Knight
17 Xenotopia
18 ヒカリノメロディ
19 小さな手と観覧車
20 グローリー!
21 Fantasic Funfair

EN-01 ミライスタート
EN-02 スマイリウム
EN-03 せいいっぱい、つたえたい!
EN-04 ユニバーページ


せりあさん「このライブはみもりんがおもちゃの妖精たちと遊ぶというのをコンセプトにしたライブです。アルバム中心にダンサーさんの演技を加えたり、おもちゃ箱のイメージしたステージと武道館のステージを大いに沸かせます」
るみなー先生「写真見ててもみもりんダンサーさんのスケールが段違いだなあ。」
せりあさん「曲のほうもすごい大いに盛り上がってましたね。後ろのファンがMRS(みもりショック症状)が発生して倒れ掛かってきたときはどうしてやろうか、と考えもしましたが。」
るみなー先生「あぶねーな」

※MRS(みもりんショック症状)とは、みもりんを直に見てテンションが危険なレベルでハイになり、奇声を上げる、[×][×]をするなど、常人ではありえない行動をとること(厄介ともいう)




IMG_20161028_213234_HDR.jpgIMG_20161028_213204_HDR.jpgIMG_20161028_213220_HDR.jpg

IMG_20161028_213256_HDR.jpgIMG_20161028_213246_HDR.jpgIMG_20161028_213140_HDR.jpg

せりあさん「でも、ライブの方は1日だけでしたが大いに楽しむことができました。みもりんも今までの頑張りは皆さんの応援があったこと。ラブライブ!やミルキイなど今までの作品への思いとか、今後の目標は百万フォロワーとか、次も紅白に出場したいとか、今後の希望を語っていました。 」
※ちなみに小話で、帝国劇場を見に行った時のエピが個人的にはいい話だったと思う

るみなー先生「ラブライブ!は次の世代に移ったけどみもりんも頑張ってほしいな。」


(仮)Mimori Suzuko LIVE 2016『GRAND REVUE』初回限定版 [Blu-ray]

(仮)Mimori Suzuko LIVE 2016『GRAND REVUE』初回限定版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


【Amazon.co.jp限定】Toyful Basket(BD付限定盤)(ジャケットサイズステッカー付)

【Amazon.co.jp限定】Toyful Basket(BD付限定盤)(ジャケットサイズステッカー付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイカツスターズ! 四ツ星学園音楽祭の話 [映画・ライブ]

DSC03007.jpg

アイカツスターズ後期OP発表&アイカツライブ!のはなし




るみなー先生「ちょっと前の話になるが、アイカツスターズ!ミニライブとなる。 同時期にシンデレラガールズ神戸や、ラブライブ!サンシャイン!!の展示などバンナム系だけで鎬を削っているわけだが・・・」
せりあさん「さすがにたくさんいます。秋葉原の方に大概は行ったと思ってましたが。」

DSC03006.jpg
※会場にはアイカツおじさんが集まっています。

DSC03012.jpg

るみなー先生「アイカツについてだが、アイカツの歌の人は声優さんとは異なっているので、こういう時しか直に見ることはできない。個人的には中の人が歌ってくれてもいいのだが、頭文字だけが同じの完全に別の作品になってしまう。」
せりあさん「今回は、アイカツスターズ!の皆さんの歌唱が聴けます。」

スタートライン! やアイカツステップ、episode Solo などの定番曲から挿入歌のショートバージョンを披露
アイカツスターズ!「じゃぁ、これから、みんなのところに行くねー」

せりあさん「何、だと・・・」
るみなー先生「さすがに落ち着け、目の前最前列は子供席になっている。 いくらアイカツおじさんでも子供を押しのけたりはしないはずだ。たぶん。」

・・・

るみなー先生「しかし、俺らもアイカツおじさんの世界に踏み入れてしまった。 これというのも高雄デレラが糞だったからだ。」


TVアニメ『アイカツスターズ!』新OP/EDテーマ「1, 2, Sing for You!/So Beautiful Story/スタージェット!」

TVアニメ『アイカツスターズ!』新OP/EDテーマ「1, 2, Sing for You!/So Beautiful Story/スタージェット!」

  • アーティスト: 唐沢美帆,南田健吾(onetrap),せな・りえ・みき・かな from AIKATSU☆STARS!
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: CD



TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル3 アキコレ

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル3 アキコレ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2016/11/23
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 映画・ライブ ブログトップ