So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト2202 第2章-発進篇- [映画・ライブ]

IMG_2452.JPG

ヤマトついに発進




るみなー先生「宇宙戦艦ヤマト2202の第2章も発売されたが、ヤマトークの感想ともにレビューをしたい」
せりあさん「今回のトークは島役鈴村健一さん、南部役赤羽根さんです。午後から沼倉愛美さんのライブお渡し会もあるし、日程次第では中村繪里子さんも入り実質アイマスになる訳ですが。」
るみなー先生「さすがにそれは無理だろ。」



さて、話のほうだが
テレサの救援に応えるべく、反乱の形となって出航しようとするヤマト
ヤマトに乗る者、地球に残る者、そして志半ばにヤマトを下りる者・・・

出航したヤマトに戦艦アンドロメダが立ちふさがる。
その間に、地球圏にも敵艦隊の魔の手が・・・

せりあさん「・・・という展開となっています。1章に比べてヤマト2の頃の雰囲気に似せてきたという感じになっているので、比較的見やすい展開かな」
るみなー先生「山崎・星名・岬・桐生の4人はヤマト発進を進めるために取り残される形となっているが、ここで『ああ、この4人は戦死しないんだ。ヤマト広報大使のキャラが戦死したらまずいもんな』とか一瞬思ってしまうのがなんとも。」
せりあさん「どうしても展開的に戦死者続出のイメージのためそこは気になってしまうかも。」
るみなー先生「2の保安班は彗星帝国の捕虜を尋問するのが役割なので、すぐ爆発する設定がつけられている以上、出番がないのは仕方ない。彼女もいるのに死ぬのもなんだしな。 桐生さんはブラックタイガー隊の誰かと仲がいい設定があったがバーガーさんがいるのでどうでもいいだろう。」

しかし、ここで妻の言葉に力づけられてヤマトに追いつく加藤隊長。
さすがに死ぬのには、まずい理由が多すぎる。 重病の息子に、弟もいないんだから。

るみなー先生「アンドロメダと対峙する頃にはヤマトの主要なメンバーがほぼ全員でそろう感じになっているな。この辺は原作ヤマトファンとしては楽しみではある。 今回見た感じだとズオーダー大帝も何気にヤマトとコンタクトとる展開を目指している感じか。あとはデスラーがどうなるかだが・・・」(そもそも出るのか?)
せりあさん「予告では宇宙蛍もあるので出るとは思いますが」



ああ、あと第10番惑星のガミラス幼女がかわいかったです。



ここでヤマトーク

今回は出会い頭で事故をもらってしまったような感じで話が進んでしまった。
(羽原・福井)これについては、色々なところでツッコミもらっています。
南部の作中での発言が軽い、今風すぎるとか
島は目立つ出番が少なくキーマン(神谷)から「ワープマン」といじられている(w)とか
ヤマト2は基本的に見ていないで、今後の展開を大事にしている(バネP)とか

るみなー先生「まぁ、リメイクでも風潮はいろいろ変わるなあ」





宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 2 [Blu-ray]

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

パリマスに行ってきた [取材記事]

DSC07046.jpg
たまには野球を見よう、な話




るみなー先生「今回は、野球の話だ。日ハム対あまり調子が良くなかった西武との一戦だ。」
せりあさん「久々の野球ネタですが目的はやっぱりあれですか。」
るみなーP「そうだよ、悪いか?」

DSC07104.jpgDSC07101.jpg
西武VS日ハム

今回はデレマスコラボのほか、元おニャン子の渡辺美奈代さんのショートライブもあった。

DSC07070.jpg

今回の始球式では
ライオンズ応援担当の佳村はるか(るる)さんと
ヤクルト担当の松嵜麗ちゃまの一本勝負。
審判は杜野まこさん。応援はゆきんこさんでお送りいたします。

せりあさん「せっかくの始球式なんですが、撮影禁止になってしまいました。うーん残念」
るみなーP「まぁ、声優界のJ・ビーバーさんが苦言を呈してしまったからなあ・・・。 おニャン子の人とは違うのだよ・・・」



※他の球場との差を考えれば、十分ともいえるが

勝負の結果、
るるきゃんの速球で決着(34.6km/h
最初の軍配は西武ライオンズに上がりました。

DSC07093.jpg
試合開始。

今回はライオンズが調子いい。なんかもう勝った気になる。
試合中の合間に、しまむらさんのガイドボイスとか





寿司カメラとかで、シンデレラのメンバーや応援の様子とかも映っている。

DSC07099.jpg
※デレマスPOPとか

るみなーP「今回の試合は、なかなか白熱した試合だったな」
せりあさん「不調気味だった西武でしたが、今回はるるが勝利の女神でしたね。」

西武の快進撃はまだまだ続きそう





アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第2巻 [Blu-ray]

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第2巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS!SUNFLOWER

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイドルマスター CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade in 幕張 [映画・ライブ]

DSC07423.jpg
アイドルマスターシンデレラガールズ 幕張公演の感想




せりあさん「アイドルマスターシンデレラガールズ5th 幕張公演です。 大阪と並んでNGsがステージに立ちます。」
るみなーP「大阪では、はっしー(大橋彩香)、るる(佳村はるか)、たそ(内田真礼)の3人が中心ではあったが、意外とえりぴょん(鈴木絵里)が自分の身長ネタをも駆使してパフォーマンスをやっていたのが印象深かった。」
せりあさん「今回は幕張のイベントホールという事で、少々狭い会場となっています。せめて3rdの時みたいに広くとれよと。」

DSC07430.jpg
※今回の参加メンバー

るみなーP「今回はツアーではあるのだが、卯月なしでふーりん飯屋が中心になると思われる。」
せりあさん「ある意味、今回のツアーの真価が問われるライブになりそうです。」

DSC07445.jpg
※アイマスドール班とか

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! - 幕張公演
M-01 : Shine!! / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M-02 : Radio Happy / 山下七海
M-03 : ステップ! / 原紗友里
M-04 : スローライフ・ファンタジー / 五十嵐裕美
M-05 : あいくるしい / 立花理香、藤田茜、金子真由美
M-06 : NUDIE★ / 佳村はるか
M-07 : 薄紅 / 立花理香
M-08 : in fact / 佐藤亜美菜
M-09 : この空の下 / 佐藤亜美菜、五十嵐裕美、ルゥティン
M-10 : AnemoneStar / 福原綾香
M-11 : 命燃やして恋せよ乙女 / 三宅麻理恵、原田彩楓、和氣あず未
M-12 : アタシポンコツアンドロイド / 五十嵐裕美、藤田茜、金子真由美、三宅麻理恵、立花理香
M-13 : Nation Blue / 福原綾香、佐藤亜美菜、ルゥティン、原田彩楓、今井麻夏
M-14 : SUN♡FLOWER / 佳村はるか、原紗友里、杜野まこ、山下七海、和氣あず未
M-15 : BEYOND THE STARLIGHT / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
M-16 : Snow Wings / 福原綾香、原紗友里、山下七海、佳村はるか、今井麻夏、金子真由美
M-17 : Can't Stop!! / 和氣あず未 with 立花理香、山下七海
M-18 : メルヘン∞メタモルフォーゼ! / 三宅麻理恵
M-19 : With Love / 藤田茜、杜野まこ、福原綾香、ルゥティン、和氣あず未
M-20 : Take me☆Take you / 原紗友里、原田彩楓、三宅麻理恵
M-21 : Tulip / 佳村はるか、ルゥティン、杜野まこ、立花理香、今井麻夏
M-22 : 夢色ハーモニー / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
EC-01 : EVERMORE / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
EC-02 : お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

アニメ『シンデレラガールズ劇場』2期は2017年10月スタート! 「シンデレラガールズ」5thライブツアー幕張公演 -ファミ通


入場が始まる。
最初に中心で旗を振る人がセンターなわけであるが、今回はるるでした。
予想では、原福原でダブルセンターになるかと思ったが、ここでは意外だった。

最初は、幕張公演のみ参加の山下七海さんのRadio Happyを皮切りにパッション系が続き、
あいくるしいからNUDIE★と続く

NUDIE★は、姉ヶ崎曲としてはクールな一面が出ている。
るる曰く、アニメで出たクールな一面を表現したものと言っていた。

せりあさん「今さら、あの糞アニメの話されてもなあ・・・、MJとか聞くだけで不愉快になる。」
るみなーP「どんだけだよ・・・、まあシンデレラガールズ劇場の方が高雄デレラより面白かったしなあ」



※しんげき2期発表もあるし、このノリでいいんだ

今回のライブのまとめ

in fact は相変わらずの尊さ

今回のるるは、センターを担当という事で765の先輩やはっしーが担っていた役割を自分がやることについてすごい思い入れがあったことをMCで語っていた。

ゆきんこさんが「るるが完璧というわけではないんだから、自分のやるようになればいい。みんなでフォローするからさ」とかアニメの仙人な杏発言や、多くのメンバーに助けられたこと。何気に『普通』に演じていたはっしーを見て力付けられたとか・・・

るみなーP「この辺は、やっぱりシンデレラのメンバーがつながっている感じが伝わるなあ。」




アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第3巻 [Blu-ray]

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第3巻 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story(初回限定生産)[Blu-ray]

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story(初回限定生産)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • メディア: Blu-ray



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ