So-net無料ブログ作成

アイドルマスター THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO -Fun to the new vision!!- [映画・ライブ]

アイマスプロデューサーミーティングのはなし




DSC08959.jpg
るみなーP「リスアニからうってかわってTHE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARSに行ってきた。とりあえず9thぶりだな(LVだったけど)」
せりあさん「久方ぶりですね。どっちかというと10thのような合同イベントもいいんですが。765の全員が揃うというのは本当に少ないので。」
るみなーP「とはいえ、今回はファンミーティングと言っているので、結構トークが入るのではないかというのが気がかりだな。 昨日は涼ちん(三瓶さん)だったので今日はスフィアの日じゃないから、愛ちゃん(戸松さん)が見れるかもしれない。」

最初はVR
春香さんが投影されて最初のトークが行われるのだが、結構長く続いていたので若干不安になる
後から知ったのだが、初音ミクで使われているのとはまた異なり、中の人のモーションを受け取ってそれに合わせて春香さんは動いていたのだった。

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!- 2日目
M-01 : 団結2010 / 765PRO ALL STARS

 トーク、朗読劇など

M-02 : アルティメットアイズ / 茅原
M-03 : ザ・ライブ革命でSHOW! /765PRO ALL STARS
M-04 : Miracle Night / 釘宮、中村、下田、平田
M-05 : 僕たちのResistance / 沼倉、今井、仁後、長谷川
M-06 : アマテラス / たかはし、浅倉、若林、原
M-07 : 紅白応援V / 765PRO ALL STARS
M-08 : Happy! / 765PRO ALL STARS
M-09 : THE IDOLM@STER / 765PRO ALL STARS、茅原
玲音(茅原実里)が見た、765プロという家族の強さと暖かさ -マイナビ


るみなーP「最初の曲は団結か・・・、全員の紹介をするのはこの曲だけなのだが、雪歩は男の人と犬は苦手なので。」
せりあさん「元石原の呪い恐るべし・・・」

赤羽根Pが司会を執り行い、プロデューサーの声を紹介する流れから
朗読劇に進む。今回のゲストは玲音さん(茅原実里)登場
765メンバーのステージを作成するためのお手伝いをするお話でした。

DSC08928.jpgDSC08954.jpg

DSC08906.jpgDSC08918.jpg
DSC08908.jpgDSC08910.jpgDSC08929.jpgDSC08924.jpgDSC08936.jpgDSC08914.jpg

DSC08956.jpg
事務所再現するものも

るみなーP「今回のPミーティングは、プロデューサーの期待に応えられたステージと言われるとちょっと厳しいな」
せりあさん「やっぱり、トークステージが多めでライブが少なかったからか・・・」
るみなーP「さすがに今後も765も続いてほしいけれど、ミンゴスのライブもしたい!の叫びを聞いてしまうとなあ・・・」

とにかく765もやってほしい。





THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER ENCORE 紅白応援V

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER ENCORE 紅白応援V

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宇宙戦艦ヤマト2202 第1章-嚆矢篇- [映画・ライブ]

DSC09878.jpg

宇宙戦艦ヤマト新シリーズ開始




るみなー先生「さて、宇宙戦艦ヤマト2202-愛の戦士たち-が始まった。今度の敵は2199でも登場したガトランティス(彗星帝国)なのだが、ドメル将軍に蹂躙されていた頃とは異なり、大幅な国力を増大させての登場となる。」
せりあさん「このくらい勢力があると、さすがに脅威ではある感があります。ガミラス側も名将を失っているので国力低下がぬぐえないか。」



やはりメダルーサ級の量産というのは脅威だ。ゲームとかでは早めに片付けないと味方全滅とか普通にあるのに。序盤を見て、大戦艦級が変なビットで戦うのは若干の違和感が、2を見た身としては大戦艦は艦橋に並んでいる衝撃砲をぶっぱなしまくって戦うイメージが大きいので

るみなー先生「今回のヤマトは、発進まで行われず、地球=ガミラス=イスカンダル間で結ばれた波動砲の扱いに関して政治的な思惑をにおわせる展開となっている。 普通にアンドロメダ級の量産ができるとも思えないしな。」
せりあさん「キャラの設定にも多少の変更があり、いわゆる死亡フラグのたっているキャラの扱いがどうなるかも考えどころです。山南艦長は戦死しそうとか、加藤隊長は幼い子供見捨てて戦死しちゃうの?とか(加藤に関しては旧作でもわざわざ弟登場させるくらいなので無理に殺さなくても・・・という気もするが)」

とりあえず、アルデバランという艦名は縁起が悪い気がします。噛ませで沈む艦第1号かと。

DSC09881.jpg
DSC09888.jpg
ヤマトが展示

今回もトークショーがあったりするのだが、ヤマトの人間関係で島(鈴村)がBLの世界に行ってしまうのではないかとか、キーマン(神谷)といい仲で話を進めてるとか(あくまでも中の人同士)。
キャラの成長という点では南部(バネP)が2199の頃の波動砲打ちたがり屋から大きく成長しているとかいう話もあった
・・・などなど

さすがにトークは小野Dと鈴村なので女の人の参加も多い

とりあえず、今後の展開としては、政治的な駆け引きやデスラー総統はどうなったのかとか、愛の戦士たちのテーマに沿った展開等、色々期待させるトークになってました。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ