So-net無料ブログ作成
検索選択

さよなら国立競技場 [取材記事]

DSC09679.jpg
物語は、最終回がいちばん熱い。




るみなー先生「今回はセイコーゴールデングランプリ陸上2014東京の話だ。」
せりあさん「国立競技場では陸上競技の最後を飾る試合となります。」

DSC09680.jpg
※選手のパネル


DSC09681.jpgDSC09685.jpg
※準備するスタッフ

るみなー先生「今大会が、国立競技場最後の競技になるので、準備にも気合が入る。」


DSC09686.jpgDSC09692.jpg
※聖火台

せりあさん「残念ながら聖火台に入ることはできませんでした。」
るみなー先生「公開日のほうに行けば見れたのだがな」

DSC09694.jpg

せりあさん「この競技の砲丸は匠の技術の結晶です。職人さんが丁寧に削っていくのです。」
るみなー先生「魔法の砲丸とも言われていたが、なかなかに難しい面もあるようだ。 矜持を守ろうとしても、途中横入りするとその場でぴたりと終わってしまう。 悲しいことだな。」

DSC09732.jpg
聖火ランナー入場

DSC09739.jpg
※点火


せりあさん「いよいよ協議のスタートです」

DSC09751.jpg
DSC09783.jpg
DSC09806.jpg


るみなー先生「色々な競技で白熱した試合が行なわれています。」


DSC09855.jpg
走り終わった勇姿に

DSC09819.jpg
DSC09836.jpg

せりあさん「陸上も大詰めですね」
るみなー先生「おおっ、ここで新記録の達成だ。」


DSC09893.jpg
※最後の締めは、100m走

DSC09901.jpgDSC09907.jpg
※選手たちもファンサービスを欠かしません

DSC09904.jpg※最後なのでパノラマで

るみなー先生「結構白熱したな。」
せりあさん「今度、国立競技場完成は5年ほど先になりそうですが、オリンピックも楽しみです。」


オリンピック・レガシー: 2020年東京をこう変える! (一般書)

オリンピック・レガシー: 2020年東京をこう変える! (一般書)

  • 作者: 間野 義之
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

29の日 [よもやま]

sukiya.jpg
29日は牛丼の日?




るみなー先生「牛丼業界にも何かいろいろ出てきたな。 近所に牛丼屋はないけど。」
せりあさん「ワタミに続いてのブラック企業の座をすき屋が手に入れたようです。」

IMG_2289.JPG
キン肉マンとグレート

るみなー先生「まぁ、今回は牛丼にあわせてキン肉マンの広告があった。」
せりあさん「まぁパチンコなんですけどね。」
るみなー先生「今回乗っけたのは、この広告に貼ってあったクーポンで、特盛牛丼がプレゼントされるのだ。」
せりあさん「近場にないので使えませんでしたが、パワーアップ中だったし。」

IMG_2294.JPG
※この広告の友情はパチ廃人の涙とすき屋のバイトの血によって支えられています。

るみなー先生「鬼のような友情だな。 感涙の海で溺死しそうだ。」
せりあさん「結局どうだったかというと、ストはなかったようです。」
るみなー先生「そうかー」

IMG_2291.JPGIMG_2292.JPG
他超人たちも

るみなー先生「メディア系はパチの広告に頼らないといけないのが大変なところだな。 ブラックがブラックを呼ぶ・・・」
せりあさん「すき屋の店員も大変なので、頑張ってほしいところです。」


キン肉マン 46 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 46 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/04/04
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

Bunkamura ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 展の話 [美術展・博物館]

ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館の特別展の話題です




せりあさん「ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館展に行ってきました。 ここはイタリアでももっとも有名な邸宅美術館のひとつです」
るみなー先生「bunkamura美術館だな。 ざーさんのMCで話に出ていた渋谷の見どころだ。」
せりあさん「・・・今回は美術館ネタなので。 邸宅美術館は海外では多いのですが貴族や資産家が自分の住まいを後に美術館として公開するというものです。 日本の場合はお寺になることが多いですね。」


PV

るみなー先生「実はこのPVだけで展示されている大半は抑える事ができるのだが、それでは面白くないので個人的にお勧めの絵画、展示を紹介したい(※公式ページより画像は引用しています)

wp_sp_03_640-1136.jpg
《貴婦人の肖像》 ピエロ・デル・ポッライウォーロ

るみなー先生「これが今回の見どころのひとつ貴婦人の肖像なのだが、これは壁紙として公式ページでダウンロードできる。 イタリア美術に興味ある人はGETしておこう。」

poldipezzoli_01.jpg
《美徳と高潔の寓意》 ジャンバッティスタ・ティエポロ

せりあさん「この辺の絵は、JOJOの第5部あたりに出てきてたような気がします」
るみなー先生「そうだったっけか? 後で確認してみよう。 ジョルノ編はブッチャラティがイカしていて気に入っている話のひとつだ。」
せりあさん「絵画のほうも、まだまだ見どころのはありますが、このあたりで。」


せりあさん「この美術館はペッツォーリ家のコレクションで、彼の死後公開されるとの遺言でミラノ市の美術館として開かれました。 戦災により、その豪華な美術品の多くを失いましたが、いまだに寄付などによって多くの美術品が集まっています。」
るみなー先生「東京のほうの展示は終わってしまったが、大阪のほうではこれからになる。 展示されているのが25周年のbunkamuraとハルカス美術館なのでどれだけ期待度が大きいかわかるだろう。」




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まったく、ゆいかおりは最高だぜ [映画・ライブ]

人気急上昇の声優ユニットゆいかおりのライブレポです。




せりあさん「本日は、ゆいかおりSPECIAL LIVE「LUCKY TUNES!!」に行ってきました。」
るみなー先生「当たるとは意外だったな、なんか最近仕事がうまくいかないのはこれに運が吸い取られているからかも知れん。 プチミレディアのほうは外れてしまったがな。」
せりあさん「ブラブレも当たってるし、十分じゃないですか。」

CA3I0531.JPG
※会場はディファ有明。以前ミクさんのイベントのときに行ってきたところだ。

るみなー先生「厳正なる抽選のため、入場時には顔写真付きの身分証明書が必要である。ラブライブ3rdの時よりも厳重じゃないだろうか(実際にドナドナされた人もいました)」
せりあさん「自分らの場所は、階段席の前のほうちょっと遠くではありますが見易さとしてはまずまずですね。」

演目はミニライブとトークショー



曲目(記憶とネットより)

LUCKY DUCKY!!
Puppy Love
恋するストール
もうひとりの私
Blitzallies
圧倒的なGO!!
Intro Situation
Our Steady Boy
LUCKY DUCKY!!

るみなー先生「今回は次回の新曲(Intro Situation)の披露もあり大いに盛り上がった」

こんどのCDは7月発売ですよー、バースディライブもやるので楽しみにねー

後ろの人「うおぉぉぉー、楽しみだよー、30枚買うからねー」
るみなー先生&せりあさん「え!?」

CA3I0534.JPG
※花(大規模ライブでないので少々少なめ)

せりあさん「最近AKBの人も襲われたので、こうイベントが下火になったら大変だなぁとおもう。AKB自体は特にファンというわけではないが、売り方に問題があるとは感じざるを得ない。」
るみなー先生「まあ秋元が悪いんだけどね。」
せりあさん「twitterの話題では将来はこんな形で握手会が行なわれるかも、だそうです。」




るみなー先生「こんな形で握手で、しかも楽屋では「うわーキモオタにさわられちゃったョー」とか思われていたらチキンハートの俺には耐えられないな。 でも、カツ丼とか出るイベントだったらネタとして参加するかもしれない。」

せりあさん「でも、今回のライブを見た感じマナーは良い感じだったので、ゆいかおりさんにはこのまま色々続けて欲しいですね」

るみなー先生「まったく、ゆいかおりは最高だぜ」


Intro Situation(初回限定盤)(DVD付)

Intro Situation(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2014/07/02
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブラブレ初夏の祭典 v1.5 [アニメ原画展]

DSC09765.jpg

前回の続き(写真を追加しました)

アニメセンターでやっている、魔法科高校の劣等生ブラック・ブレットの話、 イベント編




DSC09783.jpg
るみなー先生「いよいよ、ブラブレのイベント日だな、じゃあ行ってくる。」
せりあさん「うい、いってらー」

DSC09786.jpg
※蓮太郎の銃
DSC09918.jpg
※台本

るみなー先生「ブラックブレットのほうは、ガストレアに敗北した人類が、唯一ガストレアの弱点たるバラニウム鉱石に囲まれた街で生活していくどっかでよく見たような設定だ。 とはいえ、こっちのほうは人類独自に作製した分だけまだましともいえるが、最近の展開は人間同士で争うんだな。」


DSC09769.jpgDSC09779.jpg
※各スタンディ

るみなー先生「さすがに、今でこそティナの立ち位置とかも判明して来たので問題はないが、このスタンディはネタバレの嵐だろう、と最初は思った。
せりあさん「OP完全版も小説組からはネタバレといわれてましたしね。」
るみなー先生「で、話は主人公蓮太郎と延珠らガストレア因子を持つ呪われた子供たちを中心に動くわけだが、今回のイベントはトークショーと劇中アイドル天誅ガールズのライブになる」



せりあさん「この天誅ガールズというのは公式なんですか?」
るみなー先生「さぁ、原作は読んでないからわからないが違うだろう。 この作品はょぅι゛ょが厳しい運命を背負って悲劇的な展開になるという作品なのに紫電的にそんなのを許容するわけがない。 あの○淵ですらつらいとか言っているのに。」

るみなー先生「トークショーのほうでは延珠(日高里菜)とティナ(黒沢ともよ)、ゲストのfripSideの人と連想ゲーム形式のトークを行なうものだった。 色々あったが、ブラックブレットといえば?・・・の題があったな。」
せりあさん「幼女でしょ?」
るみなー先生「連想ゲーム形式なので、それを答えたのは一部だけだった。 ロウきゅーぶ!に並ぶいいロリベだと思うんだけどな。やっぱり幼女だよな、ょぅι゛ょ

DSC04492.jpgDSC04495.jpg
※花を追加

DSC09942.jpg
DSC09939.jpg

DSC09825.jpg
DSC09832.jpg

DSC09922.jpgDSC09923.jpg
DSC09924.jpgDSC09925.jpg
※女の子の設定画

DSC09927.jpgDSC09928.jpg
※天誅ガールズも

るみなー先生「作品としては良くまとまっているのだが、さすがに劣等生と同時期なのでかなりの苦戦が予想される。 ホライゾンの構成だけあって残念だ。 何故同時期に喰い合いをやってしまったのか、ちょっと厳しいな。」
せりあさん「この面子で、共同で良作を仕上げてくれたらとも思いますね」


看板がブラブレになっていたついでに

DSC00417.jpg
翠ちゃんがいない・・・


ブラック・ブレット (7) 世界変革の銃弾 (電撃文庫)

ブラック・ブレット (7) 世界変革の銃弾 (電撃文庫)

  • 作者: 神崎 紫電
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/04/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感